三澤屋文俊堂

きっと何者にもなれない

PC組みました

ずいぶん久しぶりの更新でございます

タイトルの通り組むと宣言してましたPCを組みました。去年の10月に

 

もともとの構想ですと舞黒透とか使って安くそれなりに人権のある感じのPCを組むつもりでしたが、シリーズ開始当初から多々買って積んでたFA:Gを大半駿河屋に処分したら、コトブキヤオンライン限定が結構あったので7万ぐらいになりいい感じのPCにするつもりでフラクタルデザインとか紫蘇の電源になりました。

 

まあそんなこんなでクレカの都合もついた10月1日がちょうど台風で暇になったので近所のPCパーツ屋までケースと電源以外を買いに行ったわけですよ。(電源とケースはめぼしいのがパーツ屋に無く、バイクで運搬するのが面倒だったので事前に通販した。まあポイントとか考えたらパーツ屋よりヨドバシのが安い部品とかもあったけど、額面がパーツ屋のが安くなるので)

 

んでまあ個人的な話になるんですが、私の部屋にはヒーターがあってもクーラーがないんですね。夏場にノートPCが不安定になったから更新するわけで、ノートからエアフローのいいミドルタワーになるとはいえ、リテールクーラーじゃCPUの冷却が不安な環境なわけです。そんなわけで、CPUクーラーにサイズの虎徹IIを使用したいってのは決まってたんですね。そこで問題になるのは無印CPUだとリテールクーラーがつく分無駄になるわけです。しかしK付きを買っても当初使うつもりだったのはASUSのタフゲーミングのH370だったのでオーバークロック出来ないし無意味だよなぁっていうリテールクーラーかオーバークロック、どっちが無駄になるか状態だったわけですよ。しかしまあ店に行ったらASUSのZ370-Pが在庫処分セールでH370のタフゲーミングより安かったのでついついCPUも8400から8600Kにしちゃうんだなぁ、にんげんだもの。(ASUS以外のMBは買うつもりなかったので)

 

まあこの辺りが決まればあとは人権の為に適当にパーツを選ぶだけですわな。メモリは目標16GBなので8*2、コルセアとCFDで悩んだけどCFDは同時購入で割引してたのでヒートシンクついててマイクロンのチップ使ってるやつに。

 

ストレージはデータやゲーム用にWDの青で1T、7200rpmを、システムはOSとアプリのみと割り切り250GB級で、本来はサムスンの860EVOが良かったけど金が足りないということでクルーシャルのMX500の250GBにて妥協。割引もあったし。

 

以上約12万のPCですわね。まあこのあとパイオニアの外付けBDドライブが追加されて現時点で約13万。将来的にはASUSの2060のROGを積む予定なので完成形は21万弱のゲーミングPCです。(当初は1050Tiで妥協するつもりだったのにいつの間にかメインストリームゲーミングPCですわ)

 

使い勝手としてはモニターと相性が悪いのかデフォルトだと上下左右が見切れる。普段はBGMとかBGVが常に再生されてるので気にならないけど無音だと意外とファンの駆動音がするぐらい。オーバークロックについては全コア4.5GHzまでオーバークロックして大体35度で安定する感じ、もうちょい行けると思うけど夏が怖い。

明確に悪い点は、MBのLANが蟹な上にSATA端子が4つしかない。あとケースの電源用ネジ穴が若干ずれてた。面倒だから力技でなんとかしたけど。それとウィンドウズのインストール用フラッシュメモリがどう指したらいいのか悩んだ。

 

レシピ

OS:マイクロソフト「Windows10Home」¥18639

CPU:インテルCore i5-8600K」¥32286

CPUクーラー:サイズ「虎徹 Mark II」¥4410

マザーボードASUS「PRIME Z370-P」¥12807

メモリ:CFD「W4U2666BMS-8G」¥21555

SSD:クルーシャル「CT250MX500SSD」¥5692

HDD:ウェスタンデジタル「WD10EZEX」¥5342

光学ドライブ:パイオニア「BDR-XD07LE」(後日追加)¥9690

ビデオカードASUS「ROG-STRIX-RTX2060-O6G-GAMING」(追加予定)¥71980

PCケース:フラクタルデザイン「FD-CA-DEF-C-BK」¥10410

電源:オウルテック(紫蘇製)「SSR-650FX」¥15570

合計:¥208381(予定)